FC2ブログ

河内彷徨 ~郷土を見にゆく~

私の故郷「中河内」を見に行きます

とある風景(その218)

0
今日は以前から計画していた「琵琶湖」までツーリングしてきました。実に単車で琵琶湖まで行くのは、約30年近くぶりでしたので、20代の頃と比べるとかなりきつかったですが(-_-;)それで、早朝自宅を出発し、途中一服したくなったので、琵琶湖の少し手前にある「逢坂山関跡」で休憩していると、突然雨が降り出しました。天気予報では晴れで、雨具を用意していなかったので、雨がやむまで一時間程、休憩していたところ、通り掛か...

南植松町の子安・水子地蔵尊

0
南植松町に「子安・水子地蔵尊」があります。地蔵堂内には石仏一体がまつられていますが、詳しい事は分かりませんでした。それで、石仏は赤子を抱かれた地蔵菩薩座像で、時代の新しいものの様ですが、地蔵堂には古い木鼻があります。扉には南京錠が掛けられていましたので、かつて盗難等の理由で石仏が新たに建立されたのでしょうか?他の場所から移されたのかもしれませんが、詳しい事は分かりませんでした。児童公園内にありまし...

大阪緑の百選

0
私の稚拙なブログをご覧いただいている方々の中には「大阪緑の百選」と刻まれた、標石を目にされた事がある方がいらっしゃるかと思います。インターネットで調べますと「大阪府が選定している大阪府内の自然名所100か所」の事だそうで、中河内にも選定されている場所があります。詳しくは大阪府のホームページをご覧頂きたいと思いますが、私の暮らす東大阪市では「鴻池会所跡」「川中邸の屋敷林」「枚岡公園と梅林」「なるかわ園...

とある風景(その217)

0
ブログの更新も不定期となっていますが、そろそろネタが切れかかっております(-_-;)あと、実は先月パソコンが故障してしまい、修理せずに買い替えました。注文してから商品が届くまで3週間程かかり、以前と同じ環境に戻すのに時間がかかってしまいました。ですので、本日の記事は新しいパソコンで更新しております。それで、最近は暑さと天候不良で何処にも行ってませんが、先月盆休み中に今年2度目の「竜仙峡」へ行ってみました...

清水町の延命地蔵尊

0
清水町に延命地蔵尊があります。地蔵堂内には石仏一体、あと堂前に一体がまつられていますが、詳しい事は分かりませんでした。堂前の石仏は時代の新しいものに見えます。地蔵堂は大きめの覆屋に覆われています。何度か通った場所でしたがお地蔵様に気が付きませんでした(於 八尾市)...

楽音寺水利組合結成記念碑

0
楽音寺にある溜池の堰堤に「楽音寺水利組合結成記念碑」が建てられています。この記念碑は、昭和五十五年(1980)に建てられたものですが、楽音寺水利組合について詳しい事は分かりません。堰堤上にある、ため池の管理設備には「大池」「島池」とあります。それで、現在も八尾東部、高安山西麓には灌漑用のため池が存在していますが、手持ち資料に江戸時代後期と思われる絵図があり、それには村内には多くのため池が描かれてい...

平野屋新田会所跡(その14)

0
今日、早朝にお墓参りの帰り際、久しぶりに「平野屋新田会所跡」に立ち寄りました。これまで同様に殆ど状況は変わらずで、説明版が追加された程度でした。あと、市史跡指定講演会が催されたようですが、私的には会所なきあと、後の祭り的な感がします(申し訳ございませんが)しかし、かつてこの地に地域の重要な歴史的建造物があった事を後世に伝えると言う意味では、講演会等の開催も重要な事であるのだと思います。それで、会所...

長持石

0
豊浦谷に「長持石」と呼ばれる大きな石があります。暗越峠越え道の傍らにありますので、御存じの方も多いと思います。手持ち資料によりますと、長さ4.9m、高さ2.2mあるそうで、以前は道の北側にあったそうですが、かつて新道敷設の際に移動させたのか?それとも何らかの理由で落石したのでしょうか?あと、石の名は長持に因んでとの事ですが、長持とは?と思いインターネットで調べてみますと(実はどんなんやったかなぁと...

とある風景(その216)

0
今日は琵琶湖へ行く予定でしたが、はっきりしない天気でしたので、中止としました。勿論、単車での移動ですが、帰路は信楽方面を山越えするつもりでしたので、雨が降ると危険ですので泣く泣く中止としました(基本、雨の時は乗らない事にしていますので)それで、取りあえず信楽だけでもと思い、朝自宅を出発しましたが、先週とはうって変わって清滝峠を越えると肌寒く、上着をもう1枚用意すれば良かったと震えながら後悔してしま...

油伽陀佛羅地蔵尊

2
「油伽陀佛羅地蔵尊」は永和にあります。お寺の外塀に埋め込まれた地蔵堂には木仏一体がまつられていますが、詳しい事は分りませんでした。それで、以前はおまつりされていなかったと思いますが(?)いつ頃からおまつりされているのでしょうか?油伽陀佛羅は例の「あぶら…」と読むのでしょうか?あぶらかだぶらでしょうか?(於 東大阪市)...

国分町上水道竣工記念碑

0
玉手町に「国分町上水道竣工記念碑」が建てられています。この記念碑は、昭和三十年(1955)に建てられたもので、碑文には上水道敷設の経緯が刻まれていますが、柏原市のホームページでは詳しい経緯が記載されていますので、そちらも御参照して頂きたいと思います。それで、碑文と手持ち資料によりますと、国分町(当時)の水道建設は、昭和十五年頃に計画され、戦時中は資材使用制限等の理由で中止となり、戦後再び計画された...

とある風景(その215)

0
実は今日、琵琶湖に行く予定でしたが、季節外れの暑さで中止にしました。若い頃は何度も一周した琵琶湖ですが、やはり長時間の乗車は疲れますので、梅雨前に行く機会があれば行こうかと思います。で、昨日もかなりの暑さでしたが、ちょっとだけ「亀の瀬」まで行ってみました。あまりの暑さでとんぼ返りでしたが、最近護岸工事が行われた場所にかなりの砂が堆積しているのが見えました。ここは私の休憩ポイントですので、度々訪れて...

日照地蔵尊

0
「日照地蔵尊」は木の本にあります。地蔵堂内には、おそらく石仏一体がまつられていましたが、詳しい事は分りませんでした。あと、並んで「神明大神」がまつられています。こちらに関しても、詳しい事は分りませんでしたが、周囲は分譲住宅が建ち並んでいますので、もしかすると移されているかも知れませんが、私はこの土地の人間ではありませんので、そのあたりの事は分りません。それで、この場所は度々飛行機を見に行く「八尾空...

茅葺の家(その18)

0
東大阪市内に茅葺のお宅があります。大和棟造り立派なお宅で、建築年代等の詳しい事は分りませんでしたが、東大阪市内では著名な方のお宅だそうです。この宅の前はこれまで度々通っていますが、門から主屋へと通ずる通路には多くの木々や庭石が置かれ、一見郊外にある古民家の様にも見えます。写真の柿木が何ともい雰囲気です。それで、市街地にある茅葺のお宅は最近見かける事が少なくなってきましたが、取り壊しや建替えではなく...

とある風景(その214)

2
今日は買い物に出掛けたついでに生駒山へと行ってみました。今年の前半は殆んど山登りしていませんでしたので、久しぶりに生駒山へと足を運んだのですが、基本この時期山登りはしませんので、勿論単車に乗ってですが(-_-;)単車だとらくらくセンターハウスまで行けますが、実は今回始めて徒歩以外で行きました。今日は風が強かったので、平地よりかなり涼しく感じました。途中にある休憩場所でも、結構良い眺めだったりします。でも...

延幸地蔵尊

0
「延幸地蔵尊」は古町にあります。地蔵堂内には石仏一体がまつられていますが、詳しい事は分りませんでした。あと、屋根は檜皮葺となっていました。それで、最近は単車での移動が多いですが、このお地蔵様も単車で移動中に見えたので、後日改めて訪れました。以前は自転車の移動が主でしたので、お地蔵様にめぐり合う事が多かったのですが、あえて捜すと言う事はしていませんでしたので、御縁があればお地蔵様が私を呼んで下さった...

無量寺境内

0
相生町に「無量寺境内」と刻まれた標石が建てられています。年号等は確認出来ませんでしたので、いつの時代に建てられたものかは不明ですが、境内(?)には本堂等の寺院建築物はありません。敷地内にある建物には「真宗大谷派 無量寺」とありますが、無住のお寺の様で地区で維持管理されているのでしょうか?それで、無量寺は廃寺であるのか?手持ち資料で調べてみますと、廃寺とはなっていない様で、敷地の中央に木が植えられて...

とある風景(その213)

0
今日は最近よく飛行機やヘリコプターを見に行く「八尾空港」で、先月ちょっと気になる店を見かけましたので、探索がてら行ってみました。それで、先月見かけた時はカフェ(今風に…)かなと思ったのですが、帰宅後調べてみますと、そのお店は航空グッズを販売しているお店で、飛行機好きの私としては「これは絶対行かなあかん」と思い、今日行ってきました。店内には航空グッズが所狭しと並べられ、どれもこれも欲しくなりましたが...

能楽高安流発祥の地の碑

0
神立に「能楽高安流発祥の地の碑」が建てられています。それで、能楽高安流について手持ち資料にも記述がなく、その他でも調べてみましたが、詳しい事は殆んど分りませんでした。能楽に関しても殆んど知識がございませんが…ですので碑文をそのまま引用させて頂きますと「能楽高安流の流祖は高安姓で、高安の住人、安土桃山時代、当玉祖神社の神官であった。平成二十九年、廃曲となっていた「高安(高安の女)」が八尾の地で復曲上...

水路の生き物(その15)

0
この季節になると、恩智川の浅瀬などでコイの産卵行動を見かけるようになります。気温の上昇と共に水温が上がり、魚の活性も上がるのでしょう?冬の間は殆んど見かけなかった小魚の姿も見られる様になりました。それで小魚と言えば、私の場合「モツゴ」を思い浮かべます。モツゴはコイ科の魚で水の汚れに強い為、水路以外の色んな場所にも生息しています。以前、東大阪市内のとある池で捕ったモツゴをモロコと一緒に飼育していまし...