FC2ブログ

銭屋川(その2)

平野屋と南新田の境界を通る、諸福中垣内線が、銭屋川を越える場所に「平野屋橋」が架けられています。

平野屋橋は、昭和三十八年(1963)に架けられたもので、銭屋川はこの橋を過ぎると更に汚れが目立つ様になります。

銭屋川11

銭屋川12

銭屋川13

銭屋川14

銭屋川15

汚れ以外にかなりの悪臭がし、これはある意味懐かしい「ドブ川」の臭いでして、私が幼少の頃の昭和40年代から50年代には、何処の川や水路でもこの悪臭がしていたと思います。

私の実家近くを流れる「菱江川」や「長瀬川」も同様で「第二寝屋川」でさえも、ブクブクとメタンガス(?)が発生し、悪臭がしていました。

それで、銭屋川は徐々に水量が減り、川の途中に澱みが出来ています。

銭屋川16

銭屋川17

銭屋川18

この澱みは、周辺に現在も残る水路から流れ込んだ水と、雨水が溜まっているもので、既に川とは言えない状態となっています。

その澱みを過ぎると、雨が降った後だけ中央に掘られた溝に水が溜まる程度で、既に川は干上がり、川床を歩く事が出来ます。

川床を歩いていると、かつての川岸に土嚢が積まれていますが、簡易的に護岸を補修した様で、あと川床には所々にマンホールが設置されていました。

銭屋川19

銭屋川20

銭屋川21

銭屋川22

既に下水管等が埋設されているのか?その事からも、この川が既に役目を終えている事が分りますが、川床を東大阪との境界方向へ歩いて行きますと、そこでフェンスによって行き止まりとなり、フェンスの向こうには生駒山から流れる「大川」の堤防が見えます。

この場所にはかつて船着場があったそうで、ここから東に大川を経て善根寺へと船が運航されていたのでしょう。

銭屋川23

銭屋川24

銭屋川25

あと以前、銭屋川はこの大川に流れ込んでいた様で?大川のコンクリート護岸に流れ込みの跡をコンクリートで塞いだ跡が残っていました。

大川の堤防から船着場跡を眺めますと、往時の賑わいが偲ばれますが、平野屋新田会所も現在は無く、会所跡へと続くこの川の今後もどうなるのかは分かりません。

かつて存在した、広大な深野池は農地となり、そこには多くの水路が設けられましたが、農地の減少等により、用水の必要性も徐々に薄れているのではないかと思います。

私は大東市民ではありませんが、行政による「地域の歴史を後世に伝える」そんな配慮を期待しているのですが…

銭屋川26

「深野南新田」と「河内屋南新田」を流れていた井路川でした(於 大東市)

Comment

Comment Form
公開設定