2011
03.05

菱江川(その2)

Category: 旧大和川
さて「菱江川」とはどの川の事を言うのでしょうか?

江戸時代の事は当然の事ながら知るすべはありませんが、やはり「菱江川」と呼んでいたのでしょうか?

付替え後、井路川(用水路)となり、昭和の時代に埋立てられるまで、菱江川と呼ばれていたのでしょうか?

上流域ではどの様に呼んでいたのか?私は分かりませんが、下流域の私の実家周辺では意外な事に「菱江川」と言う人は殆どいません。

「~の裏の川」「~のねきを流れている川」とかそんな呼び方です。

私の親(地元の人間)が、菱江川と呼んだ事は一度も聞いた事がありませんし、祖父母(同じく地元の人間)もそう呼んだ記憶は全くありません。

実は私もそうでして、都合上ここでは菱江川と呼んでいますが、普段は「川」とか「ドブ川」とか呼んでました。

それで、インターネットで等でこの川の事を菱江川(井路川)と記されているのを見かけますと、その文章は他の土地にお住まい、またはお生まれの方が書かれたものだと察しがつきます。

しかし、地元の人の中には「玉串川」と言う方がいるのですが、これは近年この川が「玉串川水路」と呼ばれる用水路として扱われていたからだと思います。

管理管轄は江戸時代から続く柏原にある「築留土地改良区」となっています。

あと、たまたま公園で見かけた地図にも玉串川と記されていまして、何処にも菱江川と記されていません。

更にこの川が大阪中央環状線を横切る場所にある「函渠」には菱江川とも玉串川とも記されていませんで「無名」と記されています。

やはりこの川は地元の人間には「~のねきを流れる川」だったんでしょうかね?

菱江川2-1

菱江川2-2

菱江川2-3

菱江川2-4

菱江川2-5

かつての河内の大河が「無名」とは… 廃川になったからですかね?(於 東大阪市)
コメント
私の中では、ここは“玉串川”ですね。“菱江川”と言われても…ピンときません。もちろん“無名”は、もっと“?”ですが。
山本龍造dot 2011.03.06 00:11 | 編集
 こんばんは ナムダーさん
今日 石切から徳庵までほゞ真西に歩いて来ました

第十五号無名函渠ですか…ワンオブゼムですね。
で 河内花園駅北で吉田川と別れた菱江川流域には町名・交差点名で
「菱江」と残っていますね。
阪高東大阪線を越えた辺りから「無名」川になってしまうんでしょうか。
昨日 御領・深野を、本日 川中・箕輪・本庄・稲田を歩いて、
ナムダーさんのブログを読むと新開池・深野池と旧大和川の事を
益々識りたくなりました。

お陰様で古箕輪八幡宮でも一基見つけましたよ(笑)
難波のやっちゃんdot 2011.03.06 19:27 | 編集
龍造さんへ

実は私も「菱江川」って言いませんでした。
更に昔は「玉串川」と言う名も知りませんでした(恥)

やはり、上流に住んではったので、ここは下流って感じなんでしょうか?
それで以前、龍造さんにお伺いした「土砂投棄の件」はちょっと「嘘やん」って感じしました。
上流、下流でそれぞれ思い出もある様で。
ナムダーdot 2011.03.06 21:29 | 編集
難波のやっちゃんさんへ

それで「菱江」ですね。菱江は元々昔からある集落で「菱江村」辺りは今も古い町並みが残っていますね。
あと、古箕輪の八幡さんは最近毎週「前」を通ってます。今日は朝の散歩で犬と一緒に通りましたし、午後からは鴻池に用があったのでまた通りました。帰りは新庄と箕輪を抜けて帰りました。

古箕輪の八幡さんとおかげ燈籠は大よそ記事を書いていたんですが、古箕輪の八幡さんの本殿が最近、改修されて写真が使えなくなりましたので、記事と写真双方、編集保留にしてます。

あとあまり言いたくないんですが(笑)箕輪にもおかげ燈籠があります。
また後の機会に記事を更新します。

ナムダーdot 2011.03.06 21:47 | 編集
写真1枚目の黄緑色の柵で覆われた
玉串川跡の写真の場所が気になって仕方が無いので教えてください。(気になる気になる)

分かり次第見に行きます。

当方は人間の都合で古きよき景色や
川の埋め立て行為などの
消去行為に強く苛立ちを募らせている者で

玉串川の下流域第2寝屋川寸断箇所より下流部分のうち全体の半分は埋め立てられずに残っている箇所があることから
このまま埋め立てずにどんどん護岸を整備して
長瀬川のようにせせらぎを強く推し進めていただきたいです。

復活は掘り下げ作業と護岸の整備に始まり
埋め立てられ川の面影のまったく感じられない部分で川に戻すのが困難な箇所は
暗渠として地下に流すのが良いでしょう。

何回か川の跡をたどったことがあり
長瀬川がどんどん整備されていくのに
玉串川がほったらかしなのはひどすぎます。

第2寝屋川に水路橋がありますが
あれを幅広の大きな水路橋に整備して
第2寝屋川工事前の流れにしていただきたいです。
東大阪在住の川マニアです!dot 2011.03.26 18:06 | 編集
東大阪在住の川マニアさんへ

御意見お伺いしました。
それで、私のブログの趣旨は身近な場所の歴史と思い出と言う事でありますので、ここで私が問題提起したり御覧になった方に何かを訴えると言う事はまず無いと思います。
ですので、東大阪在住の川マニアさんの御計画提案に対して誠に申し訳御座いませんが、コメントは控えさせて頂きたいと思います。

あと一枚目の写真の場所は現在、企業の建物が建ちフェンス、築留土地改良区の看板等は既に撤去されています。ここが水路敷であるのは、私の様な地元の人間しか分らないかと思われます。
川に限らず「変わり行く郷土の風景を写真撮影しておく」と言う事を長年やっていまして、この写真は数年前に撮影したそんな写真の一枚になります。

それでは、お返事が大変遅れまして失礼致しました。
私のブログを御覧頂きまして有難う御座いました。

ナムダーdot 2011.04.06 22:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top