2011
02.27

御領(その2)

Category: 河川・水路
御領と言えば、水路に「三枚板」と呼ばれる木製の田舟(川舟)が浮かんでいました。

長らく使われる事も無く、このままま朽ち果ててしまうのか?と思っていたのですが、ある日訪れますとその田舟の姿はありませんでした。

長らく水路に放置されていた理由は、水運が必要でなくなった事は勿論ですが、舟を修理する職人さんがいなくなった事も、その理由なのだそうです。

それに加え「舟釘」と呼ばれる特殊な釘の入手が困難になったのだそうです。

それで、この田舟の需要の最盛期の終末は昭和二十三年頃だったそうで、地元自治会の方の話によりますと、御領の水路に浮んでいた田舟は現在、市内の学校に保存されているとの事でした。

それで「御領」の記事の一番最後に掲載している倉庫の様な建物は現在、地区のイベントで行われている水路を遊覧する際に使用する舟(田舟を復元したそうです)を収納、あと舟の乗り降りに使用されている「田舟小屋」だと言う事でした。

一度、乗船してみたいです。

御領2-1

御領2-2

御領2-3

御領2-4

御領2-5

こうやって写真を見比べると水の色が全然違うし匂いも全く違いました(於 大東市)
コメント
 こんばんは ナムダーさん
私も御領が大好きです

門真南から水路沿いに歩いて行くと、突然水郷が現れます。
途中は工場・倉庫が多いですね。
特に菅原神社北西のグリーン色倉庫はいただけません(苦笑)。
満々と水を湛えた水路はイイですね。
確かに前回来た時に在った田舟が見当たりません。
まさに「御領 田舟を欠く」ですね(汗)

帰路 おかみ神社でおかげ燈籠を見つけました(嬉)
難波のやっちゃんdot 2011.03.05 19:30 | 編集
難波のやっちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
ここはほんま風情のあるところでしょう?
でも実は私、あの水路の水はあまり好きじゃないんですよ。人口の水の匂いがするんですよ。
それはそれで良いんですけど、やはり以前の水の匂いの方が、良かったなぁって思うんです。
釣りで水辺を良く訪れる機会が多いので「水」には少し思い入れがあるんです。

あと、おかみ神社の燈籠の写真が古かったのですが(5年程前の撮影)今年撮り直ししましたので、後の機会に周辺の井路跡等と一緒に記事を更新しようと思います。
ナムダーdot 2011.03.05 22:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top