FC2ブログ

池之端春日神社

「池之端春日神社」は池之端町の東、生駒山の山腹に鎮座しています。

由緒等の詳しい事は絵馬堂に縁起が掲げられていますので、そちらを御覧頂きたいと思いますが、明治五年(1872)に「石切剣箭神社」に合祀されましたが、明治十三年(1880)に復社しています。

尚、縁起に郷土史研究家の奥田哲郎氏のお名前がありますが、奥田先生は私の通っていた小学校で校長を務められていました。

それで、境内にある石造物は燈籠が多く、本殿前にある二対の燈籠にはそれぞれ、享保十年(1725)と天保十年(1839)の年号があり、一基には天保十一年(1840)の年号があります。

参道石段の一対のものには、天保十一年(1840)石段下の二基には明和八年(1771)安永六年(1777)参道の二基には天保九年(1838)天保十四年(1843)の年号がそれぞれあり、稲荷大明神横に一基ありますが、年号等は確認出来ませんでした。

あと、本殿前の狛犬には天保二年(1831)の年号があり、台座に「御影 踊子中」と刻まれ、鳥居と手水舎の石柱に宝暦九年(1759)の年号があります。

それで、以前池之端の知人に「いっぺん、池之端の宮さんに行ってみたらええで」って言われた事があり、休日に訪れてみる事にしました。

私は東大阪西部出身で、それまで殆んど東部の神社を訪れた事がありませんでしたが、神社は鳥居から真っ直ぐ社殿まで参道が続いていると思っている私にとって、この池之端春日神社は全くイメージの違う神社です。

あと、市街地にある神社には無い静寂を感じました。

市街地にある神社も境内は静かではありますが。

池之端春日神社1

池之端春日神社2

池之端春日神社3

池之端春日神社4

池之端春日神社5

池之端春日神社6

池之端春日神社7

池之端春日神社8

池之端春日神社9

池之端春日神社10

池之端春日神社11

池之端春日神社12

池之端春日神社13

池之端春日神社14

池之端春日神社15

池之端春日神社16

池之端春日神社17

池之端春日神社18

池之端春日神社19

池之端春日神社20

池之端春日神社21

池之端春日神社22

池之端春日神社23

池之端春日神社24

おかげ狛犬でしょうか?(於 東大阪市)

Comment

Leave a Reply