FC2ブログ

第二寝屋川(その1)

「第二寝屋川」は昭和時代に治水対策で開削された放水路です。

起点は恩智川から分岐する形になっていますが、恩智川の増水時のみ第二寝屋川へ水が流入し、分岐点にはゴム製の堰によって流量を調整出来る様になっています。

それで、増水に時に何度も見に行った事があるのですが、はっきり言って「恐いです」

恩智川から流れ込む水の勢いが半端じゃありません!

しかし、写真を御覧頂くと分りますが、通常は全く恩智川の水が流れ込む事はありませんので、端に小さな流れがあるだけです。

それで以前、ここでフナやモロコを釣って楽しんでました。

分岐点はかめちゃんの溜まり場になっています。

お世話になっています、山本龍造さんのサイトに掲載されている川と同じ川とは思えないですね。

第二寝屋川1

第二寝屋川2

第二寝屋川3

第二寝屋川4

第二寝屋川5

ここには沢山の生物が住んでます(於 東大阪市)

Comment

ナムダーさん こんちわ(^^♪
川って増水している時ってホンマに、
見てるだけでも怖いですよね。
最近とっても霞み目が酷くて、一度霞み
だしたら暫く元に戻りません。
ちょっと辛い年になってますね。(笑)

  • ナムダー
  • URL

y&mさんへ

コメントありがとうございます。
それで、ほんま怖いです。あの増水した時の水の色も怖いです。

私も眼科で「老眼」を宣告されました。
私も最近、霞む事が多いですね。目の洗浄液で毎日洗ってます。
でも、視力は何故かそれ程悪くなっていなかったのが救いでしたが、夜は非常に見難いです。
夜だけ眼鏡かけてます。

  • 難波のやっちゃん
  • URL

 こんばんは ナムダーさん

今日はこの川の呼称について お尋ねしたいと思います。
29年前 私はビジネスパーク開発協議会の弁天抽水所見学会に参加しました。
この時に初めて第二寝屋川が大阪城北詰付近で寝屋川と合流し直ぐに大川に
合流する事を知りました。
私は第二という以上 当然上流部でも寝屋を起点とする寝屋川に繋がっている
ものとばかり思っていました。
しかし実際に歩いてみると直接には繋がっていませんでした。
 このあたりはナムダーさんが追々と触れられる事と思います。
私的には東大阪・八尾市境の東西部分は例えば「恩智川分水路」
とか「第二玉串川」とか、平野川が合流する地点より下流は
元々地元の人が呼んでいたように「平野川」と、しかし残りの流域は
殆んど旧楠根川付近を開削してるので「楠根川」の呼称が相応しいと
考えます。
流域にお住みの方は当時どうお考えだったんでしょうか。

 いつも細かい話で恐縮です。

 

  • 山本龍造
  • URL

私はこのゴム堰を超えて第二寝屋川へ水が流れているのをいまだに見たことないんですが…そないに怖い状況になるんですか。見たい様な「ヤメとこ」の様なです。
日常の源流は玉串川というのが実情でしょうかね。
で、まぁどんな川でも上流と下流の印象は違うもんでしょうけれど、この川はかなり趣が違いますね言われてみれば。そんなに長い川ではないところが、余計にそう感じられます。あまり好きな川ではなかったのですが、改めて見るとそれぞれにええ感じで…ちょっと見直しました。

  • ナムダー
  • URL

難波のやっちゃんさんへ

お返事遅れまして申し訳ありませんでした。
それで、結論から言うと私は良く分かりませんになります。返事になってないですね。

それでこれはあくまでも私見ですけど、河川の名称は管理管轄している機関に決定権があるんでしょうか?
それだと「第二寝屋川」と言う名称も「そうかな?」って思います。
あと法的に考えると、長瀬川や玉串川は用水路になると思いますので、記事中にも触れてますが、排水路と用水路が交わるのかな?とかちょっと思いましたが。
第二寝屋川も恩智川が増水した時のみ分流し、通常二つの川は隔たれています。玉串川は第二寝屋川に流路を分断された形になるので特異な例になるんでしょう。
楠根川もどうなんでしょうね?私の親の世代では「楠根川」の方が相応しいんだと思いますが、私は「第二寝屋川」が既に子供の頃に在りましたから。
明治時代に開削された「新淀川」が「新中津川」とならなかったのと同じでしょうか?

「平野川分水路」も私もそうですが、地元の人間は「城東運河」って普通に言います。実際私はあの川の名称が「平野川分水路」って言うのを数年前まで知りませんでしたので、単に正式名称と通称、俗称でそう呼ぶかの違いなのかなと今考えるとそう思ったりします。

長くなりましたが、ちゃんとした返答になってないですね。
申し訳御座いませんでした。

  • ナムダー
  • URL

龍造さんへ

これ、水の勢いもかなり恐怖なんですけど「ゴォー」って音がさらに恐怖をかき立てます。
もし間違って転落しますと、確実に命はないですね(恐)
この川の水源は正味の所、玉串川ですかね?楠根川と合流するまでは。

それで、私の子供の頃はメタンガスがブクブク出ていて、臭いもかなりしてまして「ここらのドブ川の親玉」って感じでした。
今はちょっとましにはなった様に思います。臭いがあまりしませんでしたので。
あの懐かしい「ドブ川の臭い」が。

  • 難波のやっちゃん
  • URL

 ナムダーさん お返事ありがとう

昨日この分岐点を含む「恩智川治水緑地」へ行きました。
俯瞰的に視て 淀川水系(旧大和川が淀川水系に入るのかは疑問ですが)の
治水・水害対策と考えれば第二寝屋川の命名は肯かれます。
大変お手数を掛けました。他県出身者が要らぬ詮索をとお笑いください(汗)。
で 確かに増水時この合流部を観たいような、怖いような(遊水部を含めて)…

 私事で恐縮ですが、来週・再来週と眼の手術を受けますので暫らくコメントは
休みます。また御目にかかる日を楽しみに

  • ナムダー
  • URL

難波のやっちゃんさんへ

全く参考にならないお返事で申し訳ありませんでした(涙)
自分でも何を言わんとしているのか、良く分りませんでして…
地元の人間でもこの程度の認識しかないと御理解して頂いたと思います(笑)

あと「治水緑地」は私の遊び場で色んな事してます。
大雨の増水時、2度ほど越流提から治水緑地全体に水が流入したのを見た事があるんですが、さながら湖の様でした。水深は2m以上あったんじゃないかと思います。

それで、目の手術を受けられると言う事で。
無事、手術が成功する事をお祈り致します。
ブログ開設時よりずっとコメントして頂いて本当に有難う御座います。
またコメントして頂くのを楽しみにお待ちしております。
どうぞお大事に。

Leave a Reply










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。