FC2ブログ

掩体壕

「掩体壕」とは戦時中、敵の攻撃から航空機を守る為に造られたコンクリート製の格納庫です。

この掩体壕には部分的に鉄筋では無く、竹が使用されているそうです。

そう言えば亡くなった祖父が、戦時中の金属の供出の話をしていました。

それで、以前もう一基あったそうですが、住宅建設の為に取り壊され撤去したそうです。

そんな話を快く敷地内に入る事を許可して下さった所有者の方に伺いました。

そのあと、世間話に花が咲いてしまいましたが…

掩体壕1

掩体壕2

掩体壕3

掩体壕4

掩体壕5

掩体壕6

何故この場所に建設したのか?その理由は分かりませんでした(於 八尾市)

Comment

  • 難波のやっちゃん
  • URL

 こんばんは ナムダーさん

掩体壕…普通読めませんよね。竹筋コンクリートですか(苦笑)。
敵を知らず己を知らず、精神論だけで戦争を続行 あげくに原爆を
落とされ敗戦。語り継いでいかなければなりません。
戦略無き外交・驕る官僚・無能な政府・煽るマスコミ・雷同する国民
…なんだか昨今の世相と似てませんか。

 ノーモア 戦争です

  • ナムダー
  • URL

難波のやっちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
私、航空機(軍用機)が好きなので、この「掩体壕」って言葉は知っていましたが、実物はこの時初めて見ました。戦争末期には特攻用の木製航空機もありましたから、骨組みに竹が使われているって聞いた時、何となく納得しました。
盾津飛行場跡もそうですが、こんな戦争の遺構もここで取り上げたいと思っていましたので、前回の被爆石とレンガに続いて記事を書きました。

私にとって戦争とは「物凄い恐怖」です。

  • 難波のやっちゃん
  • URL

 ナムダーさん 航空機がお好きなんですか

私が生まれた西宮には戦前 紫電改や二式飛行艇を製造した川西航空機(新明和工業の前身)がありました。
甲南製作所の疎開工場が盾津飛行場内にあったそうです。
 で その為敗戦末期には度々空襲があり、大きなお腹(中身は私)を抱え雨霰と降る焼夷弾の中を逃げ回った
そうです。母は死ぬまでその時の恐怖感を語ってくれました。

 子や孫にそんな想いをさせたくないですよね…尤も今では一瞬の内に死んでしまいます

  • ナムダー
  • URL

難波のやっちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
私「軍用ジェット機」が好きなんですよ。

大戦中のレシプロ機(プロペラ機)はどうも戦争色が濃いので、いまいち好きになれないんですが「歴史」って捉えてその類の本は読んだりしてます。終戦記念日前後に毎年読む事にしてるんです。
それで、掩体壕も知ってた訳なんです。

私も知り合いの人から、東大阪の高井田にB-29が落ちた話とか聞いた事があります。
実際にその人墜落地点に行ったそうですが、この話あまりにもリアルすぎてここでは書けません。

戦争ってほんま「恐怖」ですわ。広い意味で。

  • モナキスト
  • URL

私は柏原市の本郷で育ちまして柏原市と八尾市にまたがって旧八尾飛行場の中に以前3基の掩体壕がありました。向かいのお寺のおじゅっさんの話では戦争中に学生さんがお寺に泊り込んでこさえたそうです。いちばん手前の壕の前に我が家の畑がありまして子供の頃の遊び場でした。壕の天辺からみた真っ赤な夕日は忘れられない思い出です。空襲があると楽音寺の掩体壕へ逃げていっていたような話を聞いた事があります。壕の上には土がかぶせてあって葡萄の木を植えていた壕もありました。たぶんこの壕も以前は土がかぶせていたのものと思います。学生時代近鉄電車のまどから見えていましたが最近見えないので撤去されたものとばかり思っていましたが久しぶりにみせてもらい真っ赤な夕日を懐かしんでいます。ほんとうにありがとうです。

  • ナムダー
  • URL

モナキストさんへ

続いてのコメントありがとうございます。

掩体壕の貴重なお話をお聞かせ頂きありがとうございます。
それで、私最初この掩体壕を見た時、かなり異様なものに見えたんですが、ここ数年この近くを頻繁に通る事が多くなり、最近は風景のひとつとして見える様になりました。
慣れと言うのは、ほんと不思議なものです。

それで、モナキストさんは柏原の方ですか?
私ここでもよく言ってます様に柏原がほんと好きでして、以前本気で移住しようかと考えた事がありました(結局所々の事情により実現しませんでしたが…)

先月も本郷から八尾の沼、太田辺りをぶらぶらしてました。
今年もほぼ毎月柏原に足を運んでいまして、多い時は三度、四度と訪れています。
今週も天気が良ければ訪れる予定です。

  • モナキスト
  • URL

こちらへ来られるのなら本郷の川筋に仏照寺という浄土真宗のお寺まで足をはこんで下さればはす向かいの家にたいていいてますので声をかけてください。路地を南へ入ったとこの木戸を開けて中で日曜大工をしていると思います。柏原の名所を知っている限りおおしえします。もっともひょっとしてナムダーさんのほうが外からの視線で見ていて詳しいかも。お寺の駐車場の前です。

  • ナムダー
  • URL
ありがとうございます

御親切にありがとうございます。

佛照寺は存じておりますので、またそちらに行った際、お邪魔するかも知れせんのでその時は宜しくお願い致します。

それで、柏原はいつも自宅から自転車で通い始めて、そろそろ十年ぐらいになるかと思います。
自分では一回りしたつもりで、遠くは本堂まで行きましたが、まだまだ私の知らない柏原があるかも知れませんね。

あと、親戚が国分に住んでいましたので、幼少の頃から国分周辺でイチゴ狩りをしたり、玉手山遊園地へ 遊びに行ってましたし、今は友人が田辺に住んでいます。
私は京都や奈良より、柏原の方が断然好きですね。

それでは、ありがとうございました。

Leave a Reply










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。