FC2ブログ

道敷寄附

自然石に「道敷寄附」と刻まれた石碑が建てられています。

道路を敷設の為に土地を提供したのか?若しくは費用を負担したのか?詳細は分りませんが、寄附されたお二人の方のお名前が刻まれています。

それで、どの道路が敷設された道路かと思い周囲を見渡しましたが、ふと見ると碑の横のコンクリートに「大正十五年十月 東側北え開道する 昭和四十九年三月三日 つじえ記」と書かれていました。

大正十五年(1926)に碑の東側を北へ道路が敷設された事を昭和四十九年(1974)の桃の節句につぢえさんが、コンクリートに書き記したもので、コンクリート部分だけアスファルト舗装されずにちゃんと残されています。

手書きの文字が、何か微笑ましく思えました。

道敷寄附1

道敷寄附2

じんべさん御覧になったらコメントお願いします(於 東大阪市)

Comment

Leave a Reply










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。