FC2ブログ

国分町上水道竣工記念碑

  • Day:2019.06.02 20:05
  • Cat:石碑
玉手町に「国分町上水道竣工記念碑」が建てられています。

この記念碑は、昭和三十年(1955)に建てられたもので、碑文には上水道敷設の経緯が刻まれていますが、柏原市のホームページでは詳しい経緯が記載されていますので、そちらも御参照して頂きたいと思います。

それで、碑文と手持ち資料によりますと、国分町(当時)の水道建設は、昭和十五年頃に計画され、戦時中は資材使用制限等の理由で中止となり、戦後再び計画されたそうですが、結局実現しなかったそうです。

その後、継続事業として町営簡易水道の建設が許可され、昭和二十七年(1952)に起工、翌年の昭和二十八年(1953)に竣工し、円明町で給水が開始され、更に玉手、片山、国分地区にも給水地域が拡張されたのだそうです。

以上、簡単に説明させて頂きましたが、現在玉手町は閑静な住宅地となり、かつての「玉手山遊園地」も市立公園として整備されました。

幼少期に度々訪れた事があり、今も時折訪れる事もありますが、もあれから50年近く経っていると思うと「ほんま自分も歳とったなぁ」と思います。

国分町上水道竣工記念碑1

国分町上水道竣工記念碑2

国分町上水道竣工記念碑3

玉手の高台に水を引くのも大変だった事でしょう?(於 柏原市)

Comment

Comment Form
公開設定