--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
06.17

楠橋の親柱

Category: 石橋
玉串川沿いに「楠橋」の親柱が残されています。

年号等は確認出来ませんでしたが、二基残されている親柱にはそれぞれ「楠橋」「くすのきはし」と刻まれています。

側にあるコンクリート製の橋が架かる場所に、かつて楠橋が架けられていたのかは確認していませんが、おそらくこの場所に架けられていたと思われます。

それで、これまで取り上げました、玉串川沿いに残されている石橋の親柱は、それ程大きなものではありませんが、それは大和川付替後に井路川となった玉串川に架けられた石橋自体が、それ程大きなものではなかったからでしょうか?

あと、玉串川に架けられていた石橋の親柱が残されているのは、私が確認した限り八尾市内のみですが、東大阪には石橋が残されています。

玉串川沿いには、まだ何処かに親柱が残されているのでしょうか?

楠橋の親柱1

楠橋の親柱2

親柱が残されているのは山本だけみたいです(於 八尾市)
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。