野鳥塚

生駒山の中腹にある「慈光寺」の境内に「野鳥塚」が建てられています。

昭和五十一年(1976)に東大阪野鳥の会によって建てられていますが、建立の経緯等の詳しい事は分りませんでした。

慈光寺は昔からホトトギスの名所として知られ、慈光寺を案内する道標にも「ほととぎす名所」と刻まれ、河内名所図会にも記されています。

それで、慈光寺の境内には「慈光寺の野鳥」と題したパネル写真が展示されていますが(?)野鳥の知識が殆んど無い私には、見ても良く分かりません

実はホトトギスの鳴き声すら知りませんで、分かるのはウグイスだけです(-_-;)

ですので、生駒山の野鳥について少々調べてみますと、ホトトギスは「夏鳥」と呼ばれ、南方諸島から飛来する渡り鳥だそうで、過去の調査によると、旧枚岡市地域の鳥類は15目、32科、89種が数えられ、かつては「キジ」の放鳥も行われたのそうです。

確かに、生駒山歩きの際に突然、キジが現れ驚く事があります。

今年も年内は生駒山を歩く予定にしていますが、ちょっと鳥の種類を覚えて通りすがりに観察してみるのも、楽しみが増えて良いかも知れません。

最近、小さな鳥に出会うと、観察したり写真を撮影する事が多くなりました。

しかし、何度も言いますが、イノシシだけは出会いたくありませんね。

野鳥塚1

野鳥塚2

慈光寺の野鳥

野鳥塚3

生駒山で命を終えた野鳥の供養の為でしょうか?(於 東大阪市)

Comments 0

Leave a reply