客坊町のお塚

客坊町にお塚がまつられています。

すぐ近くに郷土博物館と山畑古墳群がありまので、御存知の方も多いかと思います。

この場所には多くのお塚がまつられ、滝行場、お社、石仏等もまつられていますが、詳しい事は分りませんでした。

石造物等の年号を確認しますと、昭和時代のものが多く、戦後昭和二十年代には信仰の場として開かれていた様です。

あと、かつては池があった様で、お塚にもそれに関した神名が刻まれています。

それで、生駒山西麓は滝行場を中心とした民間信仰が栄えた場所であったそうですが、これは明治中期以降の事だそうで、調査によると江戸時代の年号のある石造物と明治以前の民間信仰的な滝行場の跡は発見されていないとの事です。

私は生駒山を歩く機会が非常に多いのですが、確かに現在も多くの民間信仰の場が存在しますが、中には廃れてしまいその痕跡だけが残っている場所もあります。

民間信仰が栄えた理由の一つとして、生駒聖天を中心とする信仰が江戸時代からあり、生駒山がその信者の通り道となっていたと言う事もあげられるそうです。

客坊町のお塚1

客坊町のお塚2

客坊町のお塚3

客坊町のお塚4

客坊町のお塚5

客坊町のお塚6

客坊町のお塚7

客坊町のお塚8

客坊町のお塚9

客坊町のお塚10

客坊町のお塚11

客坊町のお塚12

客坊町のお塚13

客坊町のお塚14

客坊町のお塚15

客坊町のお塚16

客坊町のお塚17

客坊町のお塚18

客坊町のお塚19

客坊町のお塚20

横に古墳があります(於 東大阪市)

Comments 0

Leave a reply