ナムダー

ナムダー

「白光大神」は上石切町にあります。

御覧の通り神道系の教会で、詳しい事は分りませんが、隣接して不動明王や水子地蔵をまつる御堂があります。

それで、境内の石造物の造立年代を確認しますと、殆んどが昭和時代のもでしたが、初期から後期までと造立年にも多少の開きがありました。

それと、鳥居は三基ありますが、中央の二基目の扁額には「熊繁大神」とあり、この場所から引谷にある谷道沿いには、同じ系列と思われる、御社やお塚等が連なってまつられています。

生駒山西麓にはこの様な民間信仰の教会等が点在しますが、石造物の寄進者からも広く信仰圏を持つものと思われます。

それで、前にも記しまたが、中河内地区の所謂「氏神様」は全て取り上げたかと思いますので、これから以降はお社や祠、あとお塚等を取り上げて行こうかと思います。

白光大神1

白光大神2

白光大神3

白光大神4

白光大神5

白光大神6

白光大神7

白光大神8

白光大神9

白光大神10

白光大神11

白光大神12

白光大神13

白光大神14

白光大神15

白光大神16

額田の大石神社と同じく神道系教会の神社です(於 東大阪市)
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply