とある風景(その158)

桜の花が咲き、もうすっかり春になりました。

昨年の秋から開始した「山歩き」も今月末で一旦休止(?)となります(単発的には歩きますが、これまで何度も申しております通り、私は超暑がりですので、基本この時期以降は殆んど歩かない様になります)

それで、最近は単に歩くだけではなく、鳥や草花を観察したり、美味しいものを食べに行ったり、お土産を買ったりと、少々観光気分で歩く事も多くなりました。

あと、かつては全く利用しなかった、電車やバス等の交通機関も最近は利用する様になり、仲間と少し遠出する様になった事も理由の一つかも知れません。

それで、先週は久しぶりに一人で生駒山へ自宅から徒歩で歩きに行ってきました。

以前から「キツツキ」の写真が撮りたかったので、これまで何度も挑戦していましたが、何せ安価なコンパクトデジカメですので、見栄えのする写真を撮影出来る事は全くありませんで、結論から言いますと今回も一応撮影しましたが、やはりピンボケでした(-_-;)

確かに、本格的に野鳥の写真を撮影している方がお持ちのバズーカ砲の様に大きな望遠レンズを付けた高価な一眼レフと私のコンパクトデジカメとでは比べ様がありませんが…

まあ、本格的に野鳥観察をする訳ではありませんが、たまにはいつもとは違う目的で山歩きをするのも、ええんやないかとそない思います。

広い管理道に出て、空を見上げ、目を閉じて数秒歩いてみますと、春のぽかぽか陽気も相まって、ほんと気分が良かったです。

尚、写真はとりあえず撮影に成功した「シジュウカラ」の写真です。

ちっこい鳥は可愛いですな。

シジュウカラ

山道を目を閉じて歩くのは危険です念のため(於 東大阪市)

Comments 0

Leave a reply