三堂学舎祉

東本町に「三堂学舎跡」があります。

跡地には「三堂学舎祉」と刻まれた跡碑が建てられていると言いますか、御覧の様にブロック塀に埋め込まれています。

手持ち資料によりますと、三堂学舎は旧若江郡木戸村にあった私塾で、明治十一年(1878)に吉川橦里(吉川武次郎)によって開かれ、町の人々に漢学の講義していたそうで、跡碑には吉川橦里の名も刻まれています。

それで、跡碑がいつの時代に建立されたのか不明ですが、明治時代に当時の堺県(大阪府の前身)が、私塾(家塾)の廃止を決定したそうで、しかし避遠村落では私塾等の私学も許可されたそうです。

三堂学舎は当時の文部省の年報(明治11年~12年)に、中学校の一覧表に収められていたそうで、小学校課程卒業生を対象に漢学を中心とした知識を授ける役割を担っていたそうです。

吉川橦里は明治三十四年(1901)に没し、墓碑が「常光寺」の境内にあるそうです。

あと、八尾市内には学塾跡としては「環山楼」「麟角堂」「簷葡舎」があります。

三堂学舎祉1

跡碑に合わせて塀を建てたんでしょうか?(於 八尾市)

Comments 0

Leave a reply