ナムダー

ナムダー

「御野縣主神社」の境内に「上之島用水親井戸」と刻まれた石碑が建てられ、傍らに井戸があります。

井戸はコンクリートで塗り固められていますので、現在使用されていないかと思われますが、境内に設置されている説明板によりますと、上水道が整備される以前に玉串川の伏流水を簡易水道として利用する為、上之島の人々が設置した親井戸と説明されています。

それで、この親井戸について詳しい事は分りませんでしたが、八尾市域で初めて簡易水道が設置されたのは、明治三十六年(1903)に本町において実施されたそうです。

八尾市の市制施行後は上水道の全域給水が計画されましたが、それ以前に上水道の設備があったのは「八尾町」と「竜華町」のみだったそうで、共に昭和十四年(1939)に整備されたそうです。

その後、水道鉄管の敷設と浄水場等の拡張工事が竣工し、昭和二十七年(1952)に全市給水を記念した式典が八尾小学校講堂で行われたそうです。

それで、以前取り上げました「寺井洫境石」の記事中「寺井樋」に関しても記しておりますが、こちらは江戸時代より玉串川の水を農業用水として利用する為に設置されたものですが、当時この用水を飲料水等としても利用していたかは不明です。

ひと昔前の様に、水道水を直接飲む事は現在殆んど無いかと思いますが、簡易水道敷設の理由として、明治期に発生した伝染病等の予防対策もその一つであったそうです。

おかげで日本でコレラ等の伝染病が流行する事は殆んど無くなりましたが…

上之島用水親井戸1

上之島用水親井戸2

上之島用水親井戸3

やっぱりそのまま飲んでたんでしょうか?(於 八尾市)
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply