FC2ブログ

水路の生き物(その13)

最近、釣りをする機会がめっきり減ってしまいましたが、もう少し涼しくなったら久しぶりにフナでも釣りに行こうかと、ふと思ったりします。

フナは釣りの対象魚としては身近な魚で、池以外に水路等にも生息しています。

それで、私的にフナと言えば「ギンブナ」と呼ばれる種類で、他のフナと総称して「マブナ」とも呼ばれています。

ギンブナは雑食性でミミズ等でも釣れますが、大阪発祥のヘラブナ釣りで有名な「ヘラブナ」は、琵琶湖原産の「ゲンゴロウブナ」を品種改良したもので「カワチブナ」とも呼ばれ、河内地域の特産品として東大阪にある養魚場で養殖されていますが、食性は植物性で餌は「練り餌」と呼ばれるものや、私の祖父はうどんを餌にしてヘラブナ釣りをしていました。

ヘラブナはかつて食用でもあったそうで、以前布施の飲み屋で洗いを食べた事があり、臭みも無く美味でしたが、ギンブナも以前煮いて食べた事があり、こちらも想像していたより美味しかったです(>_<)

あと、因みに琵琶湖の名物「鮒寿司」には、主に琵琶湖の固有種である「ニゴロブナ」が使われています。

それで、以前自宅でフナを飼育していた際、2匹の個体の体色が突然オレンジ色に変化しました。

これは、自宅近くで私が網ですくってきたフナの幼魚の内の二匹で、この様な個体を「ヒブナ」と呼ぶそうです。

徐々に体色が変化していくので金魚ではありませんで、金魚はこの様な変異個体を定着させたものと一般に言われていますが、私の見た目ではヒブナと金魚とは顔が全く違います(?)

二匹は残念ながら死んでしまいましたが、体長10cm以上に成長しました。

それで、以前恩智川でコイを眺めていたところ、コイに交じってフナも泳いでいました。

離れた場所からのコイとフナを見分け方は、その大きさは勿論の事ですが、鱗の輪郭が鯉より曖昧なのがフナです。

先と同じく顔も違いますけど…

フナ1

フナ2

フナ3

フナ4

フナ5

私粗雑な人間なので繊細なヘラブナ釣りには向いていませんでもっぱらフナ釣りをしていました(於 東大阪市・八尾)

Comment

Comment Form
公開設定