2016
07.18

福万寺町の標石

Category: 石碑
福万寺町に「山本」と刻まれた標石があります。

詳しい事は全く分かりませんでしたので、毎度の様にあれこれと推測してみたいと思いますが、先ずこの標石が建てられている場所に関してです。

場所的には福万寺町と山本町北との境界に建てられていますが、道路が境界となっており、その道路沿いに標石が建てられています。

道路は旧玉串川の右岸堤防跡で、御承知の様に山本町北は旧玉串川を新田開発した「山本新田」と呼ばれる開墾地に含まれていた場所です。

ですので、この標石は隣接する福万寺村と山本新田の境界を示す為に建てられたのでは?と私は思いましたが…

東大阪市にも「鴻池新田」の境界を示す標石が残されていますのでその様に考えたのですが、山本と刻まれた標石はこの一基以外に確認しておりませんので、何とも言えません。

案外、近所に住んでいた山本さんが、境界抗として建てたのかも知れませんけど。

実は「山木」かも知れませんし…

福万寺町の標石1

福万寺町の標石2

民家の塀に埋め込まれています(於 八尾市)
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top