FC2ブログ

とくさ橋

「とくさ橋」は明治三年(1870)に「恩智川」に架けられた石橋で、昭和51年(1976)の河川改修工事の際撤去され、その一部が移設保存されています。

明治時代に石橋が架けられる以前は板橋や土橋が架けられ、初めてこの場所に橋が架けられたのは慶安年間だそうで、河内国で最も古くから架けられた橋と言う事です。

その後、天和・宝永・享保の時代にも架け直された様で、明治時代に大破した際、石橋に架け直され、長さ八間半、幅四尺五寸あり、河川改修後はその場所に「盾津橋」が架けられています。

それで、保存されているのはその一部ですが、ある自治会の掲示板に当時のとくさ橋の写真が掲載されていました。

以前地元の方にお話しを伺った際、幅の狭い軽自動車だと渡る事が出来たそうですが、かなり勇気がいったのでは?と思いましたが…

あと、石橋のたもとには道標も保存されています。

とくさ橋1

とくさ橋2

とくさ橋3

とくさ橋4

とくさ橋5

とくさ橋6

とくさ橋7

とくさ橋8

とくさ橋9

とくさ橋10

私の見た感じでは車が通れる様には見えないんですけど…(於 東大阪市)

Comment

Leave a Reply










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。