FC2ブログ

金峯神社

「金峯神社」は下小阪にあります。

由緒等の詳しい事は全く分かりませんでしたが、中小阪にある「愛宕社」の様に神仏習合の形でまつられているのでしょうか?

それで「小坂神社」の近くにありあすので、小坂神社の神宮寺の名残かと思いましたが、小坂神社には宮寺は無く、あと下小阪周辺の廃寺についても調べてみましたが、下小阪には廃寺はありませんでした(私の調べた範囲ですが…)

結局、詳しい事は何も分かりませんでしたが、愛宕社が大正時代に東足代から移されたので、同じく別地より移されたのでしょうか?

今回一応記事としましたが、またぼちぼちと調べてみます。

金峯神社1

金峯神社2

金峯神社3

金峯神社4

講や宮座があるのでしょうか?(於 東大阪市)

Comment

  • ひぎり
  • URL

いつも興味深く拝見しております。

東大阪の西部(旧布施市)の愛宕信仰について調べておりまして、江戸時代の各村に愛宕信仰の拠点があったのではないかという仮説を持っております。

「愛宕社が大正時代に東足代から移された」と書かれていたのですが、
①東足代のどの辺りにあったのでしょうか。
②どこに移されたのでしょうか?現存しているのでしょうか?
③この史実は何に基づくものでしょうか?
ご教示頂けると嬉しいです。

私の方で確認できている現存する愛宕信仰の拠点の状況は次の通りです。
①愛宕社の勝軍地蔵として単独で存在 高井田、中小阪、森河内
②神社統合令で合祀した村 御厨(天神社)、長田(長田神社)
③明治以降に神社に昇格?した村 稲田(愛宕神社)
④江戸時代は枝郷で拠点が無かったと思われる村 長堂、三ノ瀬、永和
⑤不明、未調査 その他多数

  • ナムダー
  • URL

ひぎりさんへ

それで、私は専門家ではないと言う事と、引用元は公表しない事を前提にお答えさせて頂きます。

『愛宕社が大正時代に東足代から移された」と書かれていたのですが』
①東足代のどの辺りにあったのでしょうか。
  資料には場所は特定されていませんでしたが、大正三年に遷座されたとあります。
  只、これは誤りではないかと思いましたが、記事はこの記述を参考にしています。

②どこに移されたのでしょうか?現存しているのでしょうか?
  ブログ記事「愛宕社」を御参照下さい。

③この史実は何に基づくものでしょうか?
  資料には出典の明記がありませんでした。

『私の方で確認できている現存する愛宕信仰の拠点の状況は次の通りです』
①愛宕社の勝軍地蔵として単独で存在 高井田、中小阪、森河内
   インターネット・刊行物等で調べる事が出来るかと思います。

②神社統合令で合祀した村 御厨(天神社)、長田(長田神社)
   インターネット・刊行物等で調べる事が出来るかと思います。

③明治以降に神社に昇格?した村 稲田(愛宕神社)
   私の地元である稲田は五町あり、その中の橋本町の人達が勧請したのでは?と推測しましたが、確証はありません。
   私の知る限りでは愛宕信仰が、現在も存在していると言う話は聞いた事がありません。

④江戸時代は枝郷で拠点が無かったと思われる村 長堂、三ノ瀬、永和
   私には分かりません。

あと、個人的には、中河内の愛宕信仰は講組織だと認識していましたが、東大阪、八尾東部では愛宕信仰に因む燈籠等の石造物が多く見られます。
中小阪と同様に地蔵信仰(地蔵講)と結びついて、信仰されている場所もある様です。

あまり、御参考になりませんでしたが。

  • ひぎり
  • URL

教えて頂きましてありがとうございます。参考にさせて頂きます。

東足代から中小阪に移ったのが大正3年ということですね。
大正3年といえば、元鹿島神社の境内に都留彌神社他数社が合祀されて、新たに都留彌神社となった年です。そのまま合祀された可能性もありそうです。

引用元については何かのご事情で教えていただけないようですが、引用元の記述に関して疑問をお持ちのようですね。

もう少し調べて何かがわかれば、お知らせいたします。

  • ナムダー
  • URL

殆んどお役に立てませんで、申し訳ございませんでした。

あと、中小阪の愛宕社に関する記述は誤記だと思います(記事を訂正しないといけません…)
おそらく、仰る通り「都留弥神社」の誤りでしょう。

あと、引用元を公表しない理由は、公表しますと私のブログを見て頂く必要がなくなるからですv-393
所有する資料は、こつこつと収集してかなりの量があり、未だ全てに目を通していない状態ですが、中にはかなり貴重なものもほんの少しですがあります。
その内、旧布施市域の愛宕信仰に関する記述は殆んどなかった様に思います。

因みに私は布施市出身ですv-410
今回コメントを頂いて、様々な事に関心を持たれている方がいらっしゃるものだと思った次第です。

Leave a Reply










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。