FC2ブログ

日下新池

ナムダー

生駒山の西麓、日下町に「日下新池」があります。

この池は「天女ケ池」とも呼ばれ、大正四年(1915)に開設された「日下遊園地」がありました。

日下遊園地は、大正三年(1914)に大軌が開通した際、電車やトンネルが珍しい時代に見物人が大勢押し寄せ、その見物人を当て込んで開園されたそうです。

池の北側に「日下温泉」「銀水」東側に「永楽館」等の料理旅館建ち、少女歌劇や落語等の公演が行われ、野外でも花火や映画が上映され、夜も賑やかだったそうです。

あと、熊や猿、雉が飼育された動物園と乗馬場もあったそうです。

それで、日下の知人に話を聞いたところ、当時池はもっと大きかったそうで、泳いだりボート遊びをしたり、風呂(温泉)にも入浴したとの事でした。

しかしその後、菖蒲池遊園地(閉園)生駒山上遊園地の開園等もあって客足が遠退き、料理旅館は改築され、結核療養施設「孔舎衛健康道場」が、昭和十二年から十七年まで運営されていたそうです。

この孔舎衛健康道場は太宰治の「パンドラの匣」のモデルとなった場所です。

現在この場所は「パンドラの丘」と名付けられ、石段や石垣等が現在も残されています。

かつての賑わいが想像出来ない程、今は山間の静かな場所です。

日下新池1

日下新池2

日下新池3

日下新池4

日下新池5

日下新池6

日下新池7

日下新池8

日下新池9

日下新池10

日下新池11

日下新池12

日下新池13

日下新池14

日下新池15

日下新池16

日下新池17

ここへはよく来ます(於 東大阪市)
Posted byナムダー

Comments 6

There are no comments yet.
かわさき五一  
なつかしいです

小学校5年生から20歳まで日下町1丁目に住んでいた46歳のおっさんです。
とても懐かしく見させていただきました。
まだバックナンバーは見ていないのですが、僕たちが肝試しをしたあのトンネルも行かれたのでしょうか?
楽しみに見てみます。

2011/06/14 (Tue) 01:43 | EDIT | REPLY |   
ナムダー  
ありがとうございます

かわさき五一さんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
私のブログを見て「懐かしい」と言って頂くと非常に嬉しいですね。
ありがとうございました。

それで、トンネルは勿論行ってますよ(笑)
ただ残念ながら現在、線路跡にも無断で入れなくなっています。
しかし、昔撮った写真がありますので、また後の機会に記事を書きたいと思います。

あと、あまり歳の事は言いたくないんですが(笑)多分同じ歳だと思いますv-319

2011/06/14 (Tue) 21:55 | EDIT | REPLY |   
しんぺー  

ナムダーさん、私も25年前まで付近に暮らしておりましたので、大変なつかしく拝見させて頂いております。
ちなみに、トンネルとは旧生駒トンネルの事だと思いますが、私が中学一年生の頃(1976年)は、まだ大阪側のトンネル入り口のガードは甘く、鉄格子がはまってはいましたが、南京錠がかかった鎖を広げれば、隙間からトンネルの中に侵入できました。
旧生駒トンネルは、トンネルの中程に、現在のトンネルに通じる通路があって、そこから現在の生駒トンネル内を走行する電車を見下ろす(旧生駒トンネルの方が少しグランドレベルが高いため)ことができたのを覚えています。
我々はそのまま旧トンネルを歩いて生駒側の出口まで行ってから、意味もなく引き返していましたが、現在は絶対許されないようなことも許された、おおらかな時代があったことを懐かしく思い出しています。

2012/04/04 (Wed) 21:50 | EDIT | REPLY |   
ナムダー  

しんぺーさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
それで、トンネルは旧トンネルの事です。
今は線路跡にも立ち入り禁止になっていまして、トンネルに近付く事も出来なくなっています。

でも、昔はそんな事も出来たんですね(笑)
今は監視カメラ作動中とか、警察に通報するとか書かれていて物々しい感じです。

でも十数年前にトンネルの前まで行く事が出来た頃、中を覗くと真っ暗で何も見えませんでした。
やはり、ライトか何か持って歩かれたんでしょうか?

ほんと、記憶に残る少年時代のいい思い出って感じですね。

2012/04/04 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   
さいたら  

今から三十年近く前に友人と自転車でこの池
までやってきて(当時は池の名前すら知らなかったです)ブルーギル釣りをしたりヒシの実を取ったりして遊んだことがとても懐かしく思い出されました。
当時はもっと水量が多くて、ヘラブナ釣りをしている人や子供たちでにぎわっていたような記憶があります。
人影のまばらな日下新池の周りを歩きながら、少年時代を振り返りつつ、ふと気が付けは、背後の山の木々の新緑がとても目に鮮やかだったのが印象的でした。

2013/04/29 (Mon) 19:13 | EDIT | REPLY |   
ナムダー  

さいたらさんへ

連日のコメントおおきにです。
それで三十年前にギルいてましたか?ほんまに?

しかし、この場所を訪れて昔の記憶がよみがえったちゅうのは、ほんまええ事ですわなv-411
色んなとこ案内しますんで、また行きましょう。

皆さん、このへんは普段来えへんのか、意外に知らないと言うのが私、ちょっと意外でしたわv-405

2013/04/29 (Mon) 21:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply