2010
12.20

大蓮東の道標(その1)

Category: 道標
大蓮東の府道沿いに道標が建てられています。

明治三年(1870)に建てられたこの道標には「左 大坂 天王寺 玉造」「右 八尾 久宝寺 信貴山」と刻まれ、それぞれの面には阿弥陀如来坐像が彫られています。

それで、この道標は大蓮の旧村部に建てられていたものを現在地に移設したそうで、よく見ますと道標の指す案内先と方向が違っている事にに気が付きます。

この場所へ移された経緯は分かりませんが、折損して道端に置かれていたものを修復して建て直したのだそうです。

大蓮東の道標1-1

大蓮東の道標1-2

交通量の多い道路沿いにありますので破損等が気になります(於 東大阪市)
コメント
 長瀬川沿いは桜の時期他に何度か歩きました。
この道標のある道は旧街道なんでしょうか。
難波のやっちゃんdot 2010.12.21 14:40 | 編集
難波のやっちゃんさんへ

長瀬川の写真は大量にありますので、また何かの機会にブログで使いたいですね。
長瀬川についてはまた何か書こうと思っています。

それでこの道標のある道路ですね。
私も普通に言いますし、地元でも当然そう言うと思いますが「八尾街道」っていつも言ってます。
ナムダーdot 2010.12.21 20:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top